ボンサイ柔術出稽古ツアーのはなし。3


『マジ?!!えっ??!!てか、仕事やばくない???』

『いま、パトカーの中で、何か話しています。』

『とりあえず、ボンサイに遅刻するわけにはいかないから、このまま先いってるよ。』

『了解しました。何かあったら連絡します。』

もう、代表を外れたとはいえ、
今回の責任者的立場は明らかに僕。

もう少し早く埼玉を出ていれば、
気持ちに余裕を持って向かえたのに。

後悔の念しかない。

ーーーーー

ボンサイになんとか10分前に到着。
師範とも挨拶を交わし、
時間内に到着できたコトにホッとする。

更衣室で着替えを済ませ、
練習開始まで、iPhoneをチェック。

すると、菅野くんからメッセージが。


『追い越し車線、走り過ぎとのコトで1点減点のみでした!!!』


おおっーー!良かったーー!!!

何キロで走ってたのか知らないけど、
スピード違反じゃなくて良かった。

Sさんは電気工事士だから、
免許取り消しとかなったら
本当ピンチだもんね。

とりあえず、一安心。

ココでボンサイの練習に参加し始める。

ーーーーー

ちなみにクレベルの仕切りでスタート。

この時点でマルキーニョスや
サトシはまだ来ておらず。
まあブラジリアンタイムと
いうやつだろうか。

アップから念入りにやっていく。
RJJとは当然違う。

他のRJJ会員の顔は
明らかに緊張している。

テクニックはデラヒーバから。

おおっ、僕の苦手なテクニックなので、
これはかなり嬉しい。

クレベルから許可をいただいて、
写真も撮らせていただいたし、
いやぁ、本当にありがたい。


デラヒーバからの展開は全部で3種類。

いやぁ、良かった良かった。
細かいコツを教えてもらって、
これでぼくもデラヒーバ使いw。

とはいかないだろうけど、
少しずつ練習しよう。

いやぁ、これだけでも
来た甲斐があったよ。

ーーーーー

テクニックも終盤に差し掛かったとき、
残りのRJJメンバーと、
マルキーニョス、サトシ、アバター、
そしてマウリシオが到着。

おおっ!マウリシオ!!!
僕がまだ青帯の頃に
日本トップレベルに君臨していた方。
大賀さんとの試合はまだ覚えているよ。

RJJロゴワッペンと鬼極武者ワッペンを
クレベルやシュレックさんも含め、
1枚ずつプレゼントさせていただく。

すんません。食べ物とかでなくて。。


さて、ここからスパーリングタイム。
なんと7分をひたすら1時間半。
なかなかハードなスパーリングだ。




つづく。。。