コンセプト

〜『和』を大切にする〜
 
①『和』を大切にする
②『極め』に拘る
③チームの『絆』を深める

ありたい姿

ポイントなし、5分1本勝負、5対5による、ブラジリアン柔術の勝ち抜き式団体戦。
アグレッシブに動き、極めに拘っていただくコトで、『参加者と観戦者の双方が楽しめる大会』を目指します。

目的

①参加者の方々が所属チーム外の世界を知り人脈を広げるとともに、チーム同士の友好関係を深める

②ブラジリアン柔術、柔道、サンボ等、格闘技界の垣根を越えた、更なる繋がりの強化

 


大会情報

大会の詳細はこちら

IPPONジャンボリー ルール

一、5対5の勝ち抜き式を基本とする。

   

二、カテゴリーは、白帯の部、青帯の部、紫茶黒帯の部の三部に分けて行う。

 (上の帯色の部に出場することは可能)

  階級は『無差別級のみ』とする。

 

三、勝敗は、関節技、絞め技による一本、又は反則による失格のみで決する。

  ポイント、アドバンテージは入らない。

 

四、試合時間は、本戦5分、延長戦5分とする。

  時間切れの場合、先鋒から副将までは両者引き分けとなり、延長戦は行わない。

  大将同士で引き分けた場合のみ、大将がそのまま延長戦を行い、勝敗を決する。

  決着がつかない場合は、審判判定により勝利者を決定する。

 

五、寝技の攻防にて、両者ともに30秒間展開がない場合は、「待て」をかけ、

  立ち技から再開することがある。

 

六、反則は以下の通りとする。

   あらゆる打撃攻撃、かみつき、目潰し、くすぐり、指を掴んだり反対側に曲げたり、

   舐めまわしたりする行為、背中を床につけている相手を持ち上げて叩き落とす行為(スラム)、

   ヒールホールド、ヒールフック(外掛けは有効とする)、脊髄や頚椎を狙った攻撃。

   絞め技や関節技については、JBJJFルールに則るコトとする。

   白帯の部は白帯ルール、青帯の部は青帯ルール、紫茶黒帯の部は茶黒帯ルールに基づく)

 

七、道衣は柔術衣または柔道衣とする(色は自由、ほつれや破れているものは不可)