【84分で完売】

キャンセル待ちのみ受付中(4名様キャン待ち中)


【10名限定】岡本裕士の少人数クリニック「今日から始める苦手な立ち技」(後編)

次回以降、優先してお知らせや予約権をゲットしたい方は、こちらをご登録ください。
 
こんにちは。RJJの岡本です。今回の少人数クリニックは、前回開催した【今日から始める苦手な立ち技】の続きをやろうと思います。前回は、立ち姿勢の構えから始まり、組み手争い、アンクルピック、ラペラドラッグ、小内巻き込みをやりましたが、参加者の皆様からは、立ち技の抵抗が少しなくなった。続編があればぜひ出たい。など、うれしい感想をいただいております。ありがとうございます。
 
ちなみに、私自身の感想としては、誤解を恐れずに言うと、ほとんどの柔術ジムでは、あまり立ち技を教えてないんだな。と改めて思いました。参加してくださった10名の皆様は、立ち技や投げ技が苦手というよりも、きちんと習ったことがなかったのです。前回のクリニックで私が体系的に説明したところ、みなさん上手に出来るようになっていました。しかも、嬉しいことに、先日の2019年11月2日に出場した試合で、さっそくアンクルピックを決めたという方までいました。

たしかに、柔術は寝技中心の組技格闘技なので、寝技メインの指導になってしまうことは、ある程度は仕方のないことかもしれません。しかし、柔術の試合は立ち姿勢から始まるわけですし、立ち技がある程度できれば、柔道家やレスリングなど、立ち技の強い人に対して、ある程度対抗することができます。また、逆に立ち技が苦手な相手だった場合は優位に進めることができますし、よくある、上からは攻めれるけど下からは苦手なので引き込みたくない。という相手(もしかしたら自分自身も)に対して組手で翻弄して投げてテイクダウン。2ポイントを取って上から攻めることができるのです。

投げまくった試合

過去にも立ち技で、命拾いした試合は多々あります。私の必殺技は、極めは一番絞りとコムロックですが、立ち技はポイントを取ったり、または極めにつなげるための投げだったり、なくてはならない技術なのです。私のこれまでの功績は立ち技なくしてはあり得ませんでした。正直私がブラジリアン柔術だけやってきたのであれば、ここまで勝ててなかったと思います。
 
私は現在ブラジリアン柔術をやっているつもりですが、過去にどこかの道場で師匠をもって、教わってきたわけではなく、長年やってきた柔道をベースに柔術の技術を独学に加えて自分の技術体系を作ってきました。その結果、ブラジリアン柔術しかやってこなかった人に私の必殺技や、とっさの投げがよく極まると分析しています。
 
そこで、今回、私の得意な立ち技を皆さんに伝授したいのですが、正直、立ち技を数時間のクリニックで教えたところで、いきなり皆さんが使えるとは思っていません。なぜなら、私自身、子供の頃から柔道をやって、それこそ名門校で血の滲む努力の結果体得した技ばかりだからです。
 
前回のクリニックでは、柔道家出身の柔術家の私から見て、立ち技が苦手な皆さんが、まず最初に体得すべき投げ技の3つに絞ってレクチャーしたのですが、その時の参加者の皆様から、背負い投げや巴投げで相手を投げれるようになりたい!とのお言葉をいただいたので、今回のクリニックでは、構えや組み手争いを復習した後に、背負い投げや巴投げをはじめとした投げ技3つをレクチャーします。
 
前回のクリニックでも説明しましたが、組手争いは重要です。立ち技において組手が7~8割を占めているといっても過言ではありません。相手を投げるには、どこか掴む必要があります。相手には持たせず、自分が良いところを持つことが理想です。仮に良いところを持たれたとしても、外すことが出来ればまた振り出しに戻すこともできるのです。また、背負い投げや巴投げですが、正直、試合で決めれるようになるには、正しいやり方を覚えて何度も反復練習する必要があります。打ち込み、投げ込み、相手を動かしながらの投げ込み。少しずつ感覚を掴んでいって、体に染み込ませていく必要があります。

もちろんこれは柔道家、特に真剣に柔道をやっていた方なら、今更人に習うものではない。と思う内容かもしれません。そういう方は、このクリニックは受ける必要はないでしょう。しかしながら、多くの柔術道場の先生が柔道未経験であると思うので、私のように第一線で柔道の立ち技を使って勝ってきた者から教わる意味は多少なりともあると思います。
 
▼このクリニックでは、どんなことを学べるのか?
単に技を紹介するだけでなく、立ち姿勢の構えや組手の攻防からやります。良いところを持てないと、良い投げ技はできません。理想は自分だけが良いところを持って、相手には良いところを持たせないことです。そのうえで背負い投げや巴投げなどの3つの投げ技をやります。

▼このクリニックを受講するとどうなるか?
・立技に自信がつくことで、逆に投げられにくくなる。
・トップポジションから攻めたいときにも役立つ。
・相手からポイントを取りやすくなる。
・最後の切り札ができる。
・立ち技を習得するための大事なポイントを理解できる。

このクリニックのこだわりは?
立技は寝技に比べて難しいと言われていますが、立技初心者でも分かりやすく説明します。また組手がしっかりできるようになると、投げやすくなるだけでなく、相手から投げられにくくもなります。

このクリニックを受けた方がいい人は?
・立ち技が強くなりたい人
・柔道家に投げられてばかりで悔しい思いをしている人
・ガードポジションが苦手でトップポジションから攻めたい人
・柔術家に決めやすい柔道技を覚えたい人
・立ち技のはじめの一歩を学びたい人
・背負い投げや巴投げをカッコよく決めれるようになりたい人
・立って良し、寝て良しの柔術家になりたい人


岡本裕士からのメッセージ

いつもお世話になっております。岡本です。毎回すぐに売り切れてしまう岡本裕士の少人数クリニックですが、今回のテーマは立ち技の後編です。私自身立ち技には非常に多くの拘りがあり、今回そのすべてを紹介することは難しいですが、私が柔術デビューしてから今日まで、これは使える。と思った珠玉のテクニックを、いつもどおり手取り足取り伝授します。立ち技に恐怖心がある、あなた。ぜひともこのクリニックで克服しましょう!では会場でお待ちしております。

 

参考動画

組み手で翻弄して投げ技を決めつつ、最終的には一番絞りで極めた試合。

詳細


◆セミナー名

岡本裕士の少人数クリニック【今日から始める苦手な立技】後編

 

対象者

・立ち技のはじめの一歩を学びたい人
・柔術家に決まりやすい柔道技を覚えたい人
・柔道家に投げられてばかりで悔しい思いをしている人
・投げる気持ち良さを体感したい人
・立って良し寝て良しの柔術家になりたい人
 
内容
① スタンドのときの構え
② 組み手(襟や袖の持ち方や切り方)
※ ここまでは前回の復習です。
③ 足払いと小内刈りの違い
④ 背負い投げ
⑤ 巴投げ
⑥ 質疑応答
 内容は変更になる場合があります。  
 

スケジュール

2019年12月22日(日)

11:50 開場

※更衣室で着替えたあとに柔道場までお越しください。当日現金払いの方は、参加費をお忘れないようご注意ください。

12:00 受付

12:20 セミナー開始

14:20 質疑応答

14:40 セミナー終了

 

場所

墨田区総合体育館 柔道場

 

参加費(PayPal払い又は当日現金払い)

RJJ主催セミナー参加者 7,000円

新規参加者 8,000円

 

◆定員

10名限定


動画撮影

セミナー中の動画撮影は可能ですが、SNS等での公開はおやめ下さい。

 

お申込み


メモ: * は入力必須項目です

お支払い


参加費のお支払いについては、Paypal払いまたは当日現金払いでお願いします。

PayPal払いの方は、セミナー申込みを完了後、下記ボタンからお支払いをお願いいたします。

 

RJJ主催セミナーに参加したことのある方 7,000円

新規参加者 8,000円

 

参加種別

キャンセルポリシーについて


セミナー申込後にキャンセルをする場合は、必ずrealjapanjudo@gmail.comまで、ご連絡をください。開催日の15日前までに連絡をいただければ、キャンセル料は無料となりますが、それ以降のキャンセルは、以下のキャンセル料をお支払いいただきます。銀行振込の場合は、振込手数料もご負担ください。

 

□ 14日前までのキャンセルは無料。

□ 13日前から7日前までのキャンセルは3割。

□ 6日前から2日前までのキャンセルは半額。

□ 前日または当日のキャンセルは全額。

 

こちらを守っていただけないと、次回以降のセミナーは受付できません。

セミナー集客協力:Let'sBJJ