【完売】緊急人助けセミナー(キャンセル待ちのみ受付中)

2019年4月29日(月祝)15~18時

『シュシャ択一の三角&オモプラータセミナー』

講師 ホブソン・タンノ(通称シュシャ) INFIGHT JAPAN

帯色:黒帯 年齢:30 出身:ブラジル 趣味:溶接

最近グラップリングなどでもメキメキと頭角を現しはじめている日系ブラジリアンといえば、そう。シュシャことホブソン・タンノ。彼はブラジル生まれで日本には16歳の頃にやってきて、18歳から日本で柔術を始めた。そして、仕事の関係などで、いくつかの道場を渡り歩き、今は群馬のインファイトジャパンに所属している。
 
そんな彼の得意技は、三角絞め&オモプラータの定番コンビネーション。このどこの道場でも教えているコンビネーションを、数あるアタックの中から彼が選択したのには訳がある。それは彼が白帯の頃に、最初に得意になって先生に褒められたからである。それからもう12年も彼は使い続けているのだ。そしてこれは、シュシャの必殺技である。そんな年季の入った三角絞めは、あの毛利部慎佑選手(RJJでもセミナーをしていただいた)からも一本を取っていることからも凄さがわかる。
今回シュシャは急遽家庭の事情でお金が必要になり、RJJに急遽セミナーをやってくれないか?と依頼してきた。通常RJJの外部講師セミナーは一定間隔をおいてやっているが、今回、シュシャのために緊急でセミナーをブッ込んだのである。

さて、そんなシュシャの柔術の特徴は、やはり日系ブラジリアンの道場で育まれたものであり、本場ブラジルの流れを濃く汲むものである。例えば、テクニックは週替わりで覚えるまでやったり、たくさんのテクニックをただ紹介するようなスタイルではなく、きっちり体でおぼえこむまでやるスタイルなんだそう。そして、かつての師であり、スパーリングパートナーであった、ヨースキ・ストーとの毎晩繰り返されるスパーの中で、彼の得意技は精度を増していったのある。その精度は、現在の所属道場である、INFIGHT JAPANにおいても変わらず増し続けている。

シュシャのことをよく知る人から、彼は技のディテールが誰よりも精巧であると評判だ。テクニックを習ったら、自分のゲームに組み込むためにカスタマイズを繰り返すのだ。 

photo by Ken Sawada

そして、シュシャは語る。
「三角に入れるのにもっとも大事なのは、実は”ディフェンス”なんだ。相手をコントロールしてはじめて三角は決まるわけさ。そして三角とオモプラータのコンビネーションは最強だ。これは自分より体の大きな相手にもっとも有効なガードからのアタックなんだ。」
この言葉の意味は重い。実はここに全て答えがつまっていると、私は直感でわかった。なにかと技に溺れる、このテクニック過多の時代、基本技を黒帯でも使えるようにカスタマイズし続けて、使える技にまで昇華するシュシャの柔術オタクぶりは本物だ。
今回の開催は急なので、ひょっとしたら一つ前の伊東元喜先生のクローズドガードセミナーのお客様は来れないかもしれない。しかし、金に困っているシュシャが、自分の必殺技の全てを売りに出したのだ。彼の12年の柔術人生の全てと言ってもいい必殺技を6000円で売りに出すというのだから、我々にとってはコスパのいい話ではないか!?
 

ちなみに、毎度のことであるが、RJJ外部講師セミナーは、LINEグループやメーリングリスト、Facebookの鬼極めコミュニティの人に優先に告知している。いつもその告知で売り切れてしまうので、この告知を見て、まだ締め切りじゃなかったら、超ラッキー。いますぐ申し込むことをオススメする。

シュシャからのメッセージ

「こんにちは。わたしが、白帯の頃から得意としている三角絞めとオモプラータを、みなさんに教えます。まずは、良いクローズドガードとスパイダーガードになることが大切。そこから、タイミングとプレッシャーを使った三角絞めとオモプラータを仕掛ける。力じゃない。タイミングとプレッシャー。それをぜんぶ教えます。」

岡本裕士からのメッセージ

「シュシャとは試合をしたことはありませんが、インファイトジャパンへ出稽古に行った際に、何度もスパーしています。そこで感じたのはテクニックを仕掛けたときのタイトさ。隙間がないから逃げ道がないんです。分かっているのに掛かってしまう。おそらくシュシャならではの、タイミングがあるのだと思います。実際に仕掛けてもらうことで、皆さんにはそれを体感してほしいです。」

 

詳細


 セミナー名

『シュシャ択一の三角&オモプラータセミナー』

 

◆ 日時

2019年4月29日(月)  15:00~18:00

 

 場所

墨田区総合体育館

 

◆ スケジュール

15:00 開場および受付

15:20 セミナー開始

17:20 質疑応答および動画撮影

17:50 セミナー終了

  

◆ 内容

 クローズドガードのキープの仕方と簡単なコツ

 クローズドガードからシュシャ式ラペラチョーク

 クローズドガードから三角絞めとオモプラータ

 仕掛ける際のタイミングとプレッシャーの掛け方

 スパイダーガードのキープの仕方と簡単なコツ

 スパイダーガードから三角絞めとオモプラータ

 オモプラータからのスイープ2つ

⑧ 質疑応答

 内容は変更になる場合があります。

 

◆ 参加費(当日現金払い)

6,000円

 

◆ 募集人数

限定24人→30人

 

◆ 動画撮影

セミナー中の動画撮影は可能です。セミナー終了後に10分程度のリプレイ撮影タイムを設けます。説明したテクニックをまとめて撮影できるので、セミナー中は集中して説明を聞くことができます。

 

 

お申込み


メモ: * は入力必須項目です

キャンセルについて


セミナー申込後にキャンセルをする場合は、必ずrealjapanjudo@gmail.comまで、ご連絡をください。開催日の7日前までに連絡をいただければ、キャンセル料は無料となりますが、それ以降のキャンセルは、以下のキャンセル料をお支払いいただきます。銀行振込の場合は、振込手数料もご負担ください。

 

□ 7日前までのキャンセルは無料。

□ 6日前から2日前までのキャンセルは半額。

□ 前日または当日のキャンセルは全額。

 

こちらを守っていただけないと、次回以降のセミナーは受付できません。