ボンサイ柔術出稽古ツアーのはなし。4

ボンサイ柔術は良い意味で緊張感のある練習だった。


練習に参加するときには先生に挨拶するし、

トイレに行くときには先生に一言伝える必要があるし、

飲み物も勝手に飲むことは許されない。


別に厳しく怖いわけではない。

良い意味で規律がしっかりとしていた。

日本のアカデミーやサークルは、自由さを醸し出しているところが多いけど、

ボンサイ柔術は違っていた。


周りを見渡せば、試合会場で見かけたことのある、

マルキーニョスやサトシにクレベル、

そしてシュレックさんまでいる。

しかも5年ぶりに日本にやってきたマウリシオダイ先生まで。


そんな方々とスパーできるなんて嬉しすぎる。


僕はまだ右肘が痛かったので、

白帯の方々や、青帯の上手な高校生、紫帯の大きいブラジル人と

ライト気味でやっていた。


ちなみに紫帯の大きいブラジル人の方は、

昨日今日のアジアオープンで、優勝していた。


ボンサイ柔術の方々は正直レベルが高い。

マルキーニョスやサトシ達の柔術を直接学べるわけだし、

それをきちんと踏襲していて、非常にテクニカルだった。


-------


そのうち、マウリシオ先生からやろうと言われ、

せっかくなのでやらせていただいた。


たしか日本で試合していた時はライトフェザーだったかな。

今は70~80kg台はありそうな感じ。


まあ、同じくらいか。


スパーが始まった。


さっそくパスの猛攻が来る。

圧力が半端じゃない。

息つく暇がない。


なんとかガードワークでしばらく凌ぐが、

そのうち追いつかなくなる。


抑え込まれそうになり、ハーフガードになった。


動けない。固め方がすごく上手い。


なんとかニーシールドハーフに持っていき、

思い切って狙ってみた。


そう、もちろん狙うは、コムロック。

なんとか腕を抱えた。


マウリシオ先生も、

真っ向勝負でパスを仕掛けてくる。


なんとかアクションを起こしたいけど、

カウンターのパスガードの圧力が強すぎる。


そのうち腕を抜かれてしまった。

残念。。


その後はタックルに合わせてコムロックに入るも

すぐに腕を抜かれてしまい、まったく通じず。


逆にそのうち何度かパスガードをされてしまい、

マウントからのクロスチョークを3回ほど極められてしまった。


こんな感じで、贅沢なマウリシオ先生とのスパーは終了した。


-------


マルキーニョスは調子が悪かったらしく

スパーは出来なかったが、

他のRJJ会員は、サトシやクレベル、シュレックさん、

ジュニオールさんとスパーをしていたようだ。


杉ちゃん対サトシ、中根さん対クレベル、

見澤さん対シュレックさん。。


やられて当たり前。極められて当たり前。

いつも試合会場で観ているあのトップ選手の方々と

スパーできるのだから、思い切りぶつかっていけばいい。


上には上がいる。

日本トップレベルどころか、世界レベルもいるアカデミーで、

1時間半もスパーリングできるなんて、超贅沢だよ。


まあ、あまりのレベルの違いにショックを受けたかもしれないけど、

更なる成長のきっかけになるだろう。


行ってよかったよ。


最後は記念撮影。

一人だけデカい方がいるけど、この方はマウリシオ先生の弟子で、

ブラジルのボンサイ柔術から一緒に来たとのコト。


205cmも身長があるらしく、

自己紹介したら、「マイネームイズ アバター」と言ってたよw。


いやぁ。すごく充実した練習だったなぁ。

終盤にブルテリア坂本さんがいらしたので、

RJJ六角形ワッペンをお渡ししてご挨拶をし、

ボンサイ柔術を後にしたのだった。





つづく。。。