規則

① 会員は必ずスポーツ保険に加入


怪我や事故を防ぐために、安全面には十分配慮しています。
万が一のために保険加入はマストでお願いしています

 

② 怪我をしない・させない


柔術をやる目的はなに?

怪我をしても、させても、目的は達成されない。

タップは早めで、決して極めきらないこと。
我慢しない、させないこと。

強い人は絶対に相手を怪我させない。

練習を中断するほどの怪我をさせた会員には

イエローカードを出しています。

 

③ カリキュラムに則って柔術を身につけていただきます

 

ベーシックカリキュラムを10講座終了してラインを1本取得するまで、フリースパーはできません。
それまでは、ボジション別スパーリング、または関節技なしの限定スパーリングとなります。

出稽古スパーリング&無断出稽古も禁止です。

 

え!?って思われるかもしれませんが、

初心者はスパーリングをしても自分の思うように動けず、

必ずと言っていいほどやられ放題になります。

 

やられてばかりで面白くないでしょうし、

無理な動きをして怪我をしてしまうかもしれません。

 

経験を積んでいき、頃合いが来てからフリースパーリングをしましょう。

 

④ 試合出場は、代表者のお墨付きをもらうこと

 

ベーシックカリキュラムを10講座終了してラインを1本取得し、

練習したコトを落ち着いて試合でも出せると判断した方のみ、

試合の出場許可を出します。

 

ロクに泳げないのに、水泳大会に出ても

 

結果は見えていますよね。

 

敷居を高くするつもりはありません。

基本的なコトが出来るようになれば大丈夫です。

 

⑤ 思いやる気持ちを持つ

みんなあってこそのRJJ。
常に思いやりの気持ち、感謝の気持ちを持ってください。
 

いかなる理由があろうとも、アカデミー内での

『喧嘩』、『金銭の貸し借り』、『飲酒しての練習参加』をはじめとした、

周りに迷惑を掛けるような行為はNGです。

 
雰囲気を壊すような行為、迷惑をかけるような行為はやめましょう。