【結果】第11回全日本マスター柔術選手権2017


「RJJのみんなへ僕が頑張る姿を見せたい。」

今年の8月に開催される
ワールドマスター柔術選手権に向けて
というのもありましたが、

僕が一本勝ちする姿、
優勝する姿を応援に来てくれる
RJJ会員に見せたいというのが、
根底にはありました。


「ウチの先生は本当に強いの??」
「えっ?それは昔の話だよ。」
 

こんな風に思われるのではなく、
 

「やっぱり先生は強い!!」
「先生カッチョいい!!」
 
 
どうせなら、こう思われたいです。

2015年7月に開催された
コパ・ブルテリア2015で
大胸筋と上腕二頭筋を怪我して以来、
試合に出ても満足に動くことができず、
 
2016年1月に開催された
コパ・ラスコンチャス2016に
出場してからは、
しばらく試合から遠ざかっていました。


結論から言うと、
階級別は準優勝、
無差別級は優勝することができました。
 
応援に来てくれたRJJのみんな、
応援に来れなくても遠くから
エールを送ってくれたRJJのみんな、
RJJ以外の応援をしてくれた皆さん、
いつもサポートをしてくれている
DUMAUのエジソン籠原さん、
BAD BOYの竹島さん、
ブルテリアの坂本さん、
下町天丼秋光のスタッフの皆さん、
とっち整骨院のスタッフの皆さん。
本当にありがとうございました。

特に大きな声援は心強かったです。
妥協しそうな僕の背中を押してくれました。


階級別では、
初戦がエリックフォート選手と対戦し、
ポイント0-2、アドバンテージ0-1で敗退。
敗者復活戦がマルシオオクムラ選手と対戦し、
ポイント0-4からのコムロックでの一本勝ち。
決勝戦が再びエリックフォート選手と対戦し、
ポイント0-2、アドバンテージ0-1で敗退し、
準優勝に終わりました。

2人とも外国人ということもあり
力がものすごく強く、
特にエリックフォート選手は、
見た目とは全く違った力強さでした。

敗者復活戦でオクムラ選手に
一本勝ちすることができましたし、
なんとか首の皮一枚が繋がった感じです。

無差別級では、
初戦が相手の方の棄権による不戦勝。
二回戦は一番絞りで一本勝ち。
準決勝は階級別で負けた
エリック選手にコムロックで一本勝ち。
決勝戦は階級別の敗者復活戦で対戦した
オクムラ選手にポイント4-4、
アドバンテージ2-0で勝ち、
なんとか優勝することができました。 

大会が終わった今だから書けますが、
今回の大会で優勝できなかったら、
ワールドマスター選手権には
出るのをやめようと思っていました。


「全日本マスター選手権で優勝できなくて
世界で優勝できるわけがない。」
 

もっと言うと、
「ボロ負けするようだったら、
しばらく試合に出るのもやめよう。」
 
こう思っていました。

二回戦では得意な形から一番絞りで一本勝ち、
準決勝では階級別で2連敗した
エリック選手からコムロックでの一本勝ち。

僕の試合を見たことがないRJJ会員に、
一本勝ちするところや
優勝するところを見せることができて、
すごくホッとしています。
 
首や腰が痛いし身体はボロボロですが、
なんだかその痛みが心地良いです。


「絶対に勝ってやる!!」
「絶対に極めてやる!!」
 
 
無差別級においては、
強い気持ちで臨みました。

最後まで諦めずに頑張って良かったです。
マスターレベルではありますが、
まだ何とか試合ができそうです。

次は3/26(日)開催のDUMAU。
ライト級にエントリーしているので、
5kgの減量です。
今日からまた頑張ります。


◆ミドル級
一回戦  2:21:15
敗者復活戦  3:31:19
決勝戦  3:58:09 (※4:04:55見どころw)

◆無差別級
二回戦  6:58:31
準決勝  7:18:16
決勝戦  7:57:22

 


写真はパラエストラ和泉の林さんと、
高槻柔術の桑野さんです。

夏頃に予定しているイベントに向けて、
たくさんお話をさせていただきました。

アンダーグラウンドな話も含めて
超楽しかったです。

ありがとうございました。