極めに拘る柔術チームとして。


昨日(11/29)は浅草で
ASJJFの柔術大会がありました。

RJJからは中根さん、子安さん、
町井さんの3人が出場。

応援にも清水さん、土井さんが
来てくれて、とても心強かったです。


マスター青帯フェザー級に
出場した中根さん。

羽村市から1時間半かけて
定期的に通っており、
RJJに入会して4年になります。

継続的に練習もしているし、
何とか勝たせてあげたかったですが、
2-11で初戦敗退。

残念銅メダルとなりました。 
負けはしましたが、 
最後まで諦めず、 
スイープを決めてそのまま 
パスガードで攻め続けた姿が、 
素晴らしかったです。

シニア1白帯フェザー級に
出場した子安さん。

初戦は少し硬かったですが、
テイクダウンを2回決めて4-0で快勝。

準決勝は前日に練習でやった
ハーフガードの体勢になり、
問答無用パス→ニーオン→マウントで
9ポイントを奪うと、
そのままサンボ式腕十字で一本勝ち。


決勝戦は相手の二重絡みに捕まり
苦戦してしまい、
同点のままサドンデスに突入。

執念のパスガードを決め、
見事優勝することができました。

なんか、ドヤ顔がムカつきますねw

でも、RJJでの練習にも毎回参加し、
出稽古も重ねて、誰よりも練習していた
努力家の子安さん。

準決勝で極めた腕十字までの
流れは正直シビれました。

練習どおりでしたね。
ナイスでした。

最後に町井さん。

正直、安心して見れました。

階級別は、初戦、決勝戦ともに
テイクダウンしてパスガードして、
バックからの絞め。

2試合オール一本勝ちでの
優勝でした。

無差別級はワンマッチで
敗退してしまいましたが、
またリベンジしましょう。

階級別の優勝、おめでとうございます。

50歳になっても柔術の練習だけでなく、
試合にチャレンジして、
しかも優勝するなんて凄すぎです。


RJJは極めに拘るチーム。
試合で一本勝ちをすると、
ラインがもらえます。

1回極めて勝つとライン1本。
2回極めて勝つとライン2本。
階級別と無差別級は別カウント。

なので、
1極の子安さんはライン1本。
2極の町井さんはライン2本。

同帯の相手から一本勝ちで
圧勝できるくらいじゃないと、
次の帯色に昇格した時に
苦労するはず。

勝ったらライン1本とかにすると、
セコく消極的になったり、
セコく膠着したりするかも
しれません。

なので少し大変かもしれませんが、
原則として、極めて勝たないと
優勝したとしても、
RJJではラインがもらえず、
次の帯色に昇格することができません。

色々と思うことはありますが、
RJJでは会員にもこのことを
あらかじめしっかりと伝えています。

試合では練習してきたことを
たくさん出して、
アグレッシブに動いてほしい。

極めて勝ったときの
気分は爽快なはずです。


最後に、
大会主催者をはじめ
スタッフやレフリーの皆さま、
いつもサポートしてくれている
DUMAU、ブルテリア、BAD BOY、
下町天丼秋光の皆さま。

そして応援に来てくれた
清水さん、土井さん、
遠くから応援してくれた
RJJのみんな。

ありがとうございました。

次は1/31(日)の
コパ・ラスコンチャス2015あたりに、
照準を絞っていきますか。

これからも、 
極めに拘るチームとして、 
みんなで頑張っていきましょう。 

——————— 

ブラジリアン柔術アカデミーRJJでは、 
新規会員を募集しています。 
見学、初回体験は無料です。 
ぜひ、お気軽にお越しください。 

◆RJJオフィシャルサイトはコチラ
◆Facebookページはコチラ