ブラジリアン柔術における、観る練習のはなし。


たまに3人1組で、テクニックの練習をしてもらうことがあります。

三角で回す形になるため、自分の順番が遅くなってしまいますが、

自分が休んでいるときに、練習をしている2人を観察出来るというメリットがあります。

観る練習というやつですね。

活かすも殺すも自分次第です。
どこが良くてどこがダメなのか。

どのように動いているのか、他の人の動きを観ることで、自分に落とし込んでいく。

そうすることで、腹落ち具合に良い変化が現れるかもしれません。


その結果として、自分がやる順番になったときに、上手くいくのではないでしょうか。 

この日の子安さんは、入会3ヶ月にも関わらず、キレキレの動きを見せていました。

素晴らしいですね。

観る練習のはなしでした。