ココだけのはなし。

ココだけのはなし、

たまにモダン柔術も練習しています。


いまさらですが、ベリンボロやレッグドラッグを

やるようになりました。


ただ、個人的には同じ技を何度も何度も磨き上げ、

分かっていても極めれるくらいの精度に高めるのが好きなので、

どうしてもコムロックや一番絞り等に偏ってしまいます。


何度もやる必要ないと思われるかもしれませんが、

逆に何度もやってみることで、色々な気付きがあるんです。


一番絞りにおいては、

色々な絞め方があり、最近になり肋骨はあまり関係ないことが分かりました。


肋骨が首筋に密着すれば極め力は強くなりますが、

やはり一番重要なのは絞める方の手なんです。


コムロックにおいては、

腕の抱え方、体勢への入り方、極め方、相手への揺さぶり方。

特に腕の抱え方で新たな気付きがありました。


なんでもっと早く気付かなかったんだろうという思いはありますが、

逆に言うと、何度も何度も磨き上げたからこそ、

ここまでたどり着いたのではないかと思います。


まだまだ奥が深い。

柔術自体もそうですが、技も奥が深いです。


同じ腕十字固めでも、黒帯と白帯では全く違う。

三角絞めもそう。

コムロックや一番絞りもそう。


最近では腕固めや小手絞りが好きで、

色々と研究しています。


動画であったり、教わった技を真似するだけではなく、

そこからどうアレンジしていくか。


自分だったらどうするかを考えるのが、

とてもおもしろいし、それが寝技の醍醐味の一つだと思います。


柔術とか柔道とかそういう枠組みではなく、

とにかく「寝技」がおもしろいです。