ブラジリアン柔術における、質問力のはなし


質問力のはなし。

土日祝日の練習時間は、
平日の2時間と比べて
1時間長く取れるので、

打ち込みやテクニックを
いつも以上に念入りにやっています。

その時間の中で、
心掛けているのが、
RJJ会員へ質問を
投げかけるというコト。


『ここから、どういう攻め方が
あると思いますか??』

『相手がこう圧力を
掛けてきたら、どのように
守りますか??』


考える時間を与えるコトで
新たな気付きを引き出します。

また、普段困っているコトや、
上手くいかないコトが
あるかどうかを質問して
引き出すコトもあります。


『いつもこういう状態から
やられてしまうのですが、
どうすればいいのですか??』


まあ、こんな感じの質問です。
僕はすぐには答えません。


『◆◆さんは、どうしてるの?』


さらに質問をして、
普段はどのようにしていて、
上手くいかないのか、
そしてどうすれば
やられないと思うのかを
引き出すのです。

それが効果的な対策であれば
それはそれでマルですし、
もし修正が必要であれば、
僕なりの答えを提案します。


大切なのは、
一方的なコミュニケーションで
終わらせるのではなく、
双方向のコミュニケーションで
あるというコト。

そして、効果的な質問を
投げかけるコトで、
相手の考えを上手く
引き出すというコトです。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    コバ (日曜日, 15 2月 2015 12:32)

    アサーティブですね、俺もやろうとするけどなかなか難しいです、(⌒-⌒; )