ブラジリアン柔術で、観察することの大切さについてのはなし。


2/11(祝水)練習での一コマです。

相手が抑え込みに来た際に、
なんとかハーフガードで凌ぐ。

そこからフックスイープを仕掛け、
そのままニースライスパスで
すかさず抑え込む。

そんな練習をしている風景を、
ふと撮影しました。

真剣な眼差しで見守る姿が
とても微笑ましいです。

———————

傍観するだけなのか、
自分に置き換えて考えるのか。

いずれにせよ、ただひたすら
技を仕掛けるだけでなく、
客観的に観察することで、
新たな気付きが生まれることが
あります。

基本動作、ドリル、テクニック、
そしてスパーリング。

ただこなすだけでなく、
考える時間を与えるコトで
さらなる上達へのヒントを
促すのです。