ブラジリアン柔術アカデミーRJJの3年後のはなし。

ゴールを設定するコトで、

そのためにはどうすればいいのか。

そのためには何が足りないのか。

こういったことに気付くコトができるようになる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


①思いつくままに好きなことを好きなだけやる

②先を見据えたプランを立ててそれに向かって進んでいく


どちらが良いと思うか。


賛否両論あるだろう。

どちらを選んでも成長は見込めるだろう。


①は好きなことをやれるので楽しいかもしれないが、

②はゴールがあるので、そのために何をやれば良いのかが

明確になるのかもしれない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


個人としては、たまに①をやることもあるけど、

②を基本としている。


僕は常に1年後と3年後を見据えている。

5年後や10年後も良いんだけど、

さすがにそれだと現実性が見えない。


なので、僕は選手として、アカデミーとしての、1年後と3年後を見据えている。

言い換えれば「目標」というものなのだろうか。


選手としてというのは、大会での成績であったり、

テクニックの習熟度であったり、帯色だったり。


アカデミーというのは、会員の成長度合だったり、

規模であったり、さらなる飛躍に対するものだったり。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


要はゴールを設定するコトで、

そのためにはどうすればいいのか。

そのためには何が足りないのか。

こういったことに気付くコトができるようになる。


仕事や家庭でも同じコトが言える。

仕事であれば、どんな仕事をしていたいのかであったり、

家庭であれば、持ち家や車を買うための計画であったり。


頑張れば手が届くくらいのゴールがいいだろう。

あまり簡単でもやりがいを感じられないし、

あまり難しくてもやる気になれないかもしれない。


「こうなったらいいのにな。」


こう思えるものを紙でもFaebookでもEVERNOTEでもいい。

記録に残しておき、たまに見返すと良いだろう。