柔術との付き合い方のはなし。



ブラジリアン柔術は、

考えるチカラ、集中するチカラを 

養いつつ身体を鍛えることができ、

老若男女が生涯楽しめる格闘技。


例えば40代や50代からでも

始めるコトができます。

(RJJには50代が2人、40代が6人在籍)


誰でも楽しめるわけだけど、

柔術との付き合い方は、人それぞれ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━  


①柔術を生業にしている方


②仕事をしながら選手として又はジム運営等をこなしている方


③仕事や学業をしながら、あくまでも趣味としてゆるく楽しく学ぶ方


━━━━━━━━━━━━━━━━━  


どれが良いとか、

そんな次元のはなしではなく、


あくまでも自分のペースで、

これなら無理なく楽しみながら

出来るかなという、

付き合い方をすると

良いんじゃないかなというわけ。



例えば異性と
お付き合いするときもそう。

友人とお付き合いするときもそう。

釣り合う人だからこそ、
上手く付き合えるわけで、
自分より優秀で趣味も合わなくて、
話も合わない方と、
長く付き合えるかといえば、
まずそうでないわけで。

うーん。あれ??
いや、、、
まあ付き合うくらいならいいのかな??

まあ、この例えはさておき、
柔術との付き合い方、
柔術との向き合い方、
家族との付き合い方(←ココ大事w)

柔術の取り組み方に関しては、
考える必要があるのかなぁと。




『妻に逃げられました(T . T)』

『妻が子供を連れて実家に帰ってしまいました(T . T)』




僕の周りにはこんな方なんて
たしかいないと思ったけど、
こうならないコトを切に願います。