「また」のはなし。


魅力とは「また」である。


「来てよかった!また行きたい!!」
こう思っていただくコトが魅力。


価格を必要以上に下げたり、
賞品を豪華にしたりして、
付加価値をつけたり。

まあ、これも魅力のうちの
一つかもしれないが、
それはまあそれぞれといえば
それまでであって。

要するに「また○○」と
思っていただければいいのかなと。

ーーーーー

魅力には色々あると思うけど、
僕的にはやっぱり中身が
大事なのかなと思う。

道場もそう。

どんなに価格が安くても、
駅から近くても、
立派な設備があったとしても、

代表者や指導者が
人間的に尊敬できなかったり、
道場内の雰囲気が悪かったりすると、
違和感を感じると思う。

「うーーん。。何だかな。。」

そう、こんな感じの違和感。


例え、そういう違和感が
なかったとしても、

「あ、なんかココいいな!!!」

といった魅力がなければ、
会員にならないかもしれない。


ーーーーー

大会やセミナーもそう。

人によって求めるモノは違う。
気軽に参加できるモノだったり、
ちょっと中上級者むけのモノだったり。

それでも必要なモノは
ある程度共通していて、
分かりやすさだったり、
奥深さだったり、
栄誉であったり。

要するに、
ただやるだけではなくて、
「おお!!」と思えるモノだったり、
「また来たい!!」と思えるような
魅力があれば、集客を見込めるのでは
ないかというコト。

基本的に、人は強制を嫌がる。
強制的に仕向けるのではなく、
自然とまた来たくなる何かが欲しい。

それが何なのか。
それはモチのロン、頭と心とカラダの
汗をかいてシナリオを考えて、
実行して試行錯誤を繰り返すしかない。

参考にするなら良いと思うけど、
まんまパクリではなく、
汗をかいたモノが欲しいところである。