情報発信のはなし。


情報をうまく使い分けるコトで、
ダブリやモレを防ぎ、ムダを減らす

━━━━━━━━━━━━━━━━━  

情報発信には様々な方法がある。

ネットを見ない方々には、
新聞、雑誌、チラシ、掲示板への掲出。

こちらは主に集客を図るためのツール。
RJJやブラジリアン柔術の存在を
知ってもらうのが目的だ。

ネットを見るような方々には、
ホームページ、ブログ、
FacebookやTwitterを
はじめとしたSNSなど。

ネットを見るような方々には、
情報をうまく使い分けるように
している。

ホームページは、入会希望者に対して。
RJJのコトや、入会情報を知れる。

ブログは、RJJ、僕の思いや考えを
知りたい方に対して。

ビジョン、柔術に対する考え方、
ホームページとは違った、
もう少し掘り下げた世界を知れる。

Facebookは、
基本的にRJJ会員の
情報共有の場として使っている。

非公開グループにして、
練習参加表明、練習内容、
連絡事項、練習中に撮影した
テクニック動画などを
共有できるようにしている。

RJJのFacebookページは、
RJJ宣伝活動の補助として、

僕のFacebookページは、
僕の試合動画や指導方法などを
発信するようにしている。

FacebookやTwitterの個人投稿は、
僕のプライベートなコト。

日常生活のはなし、家族のコト、
柔術のコトなどをアップしている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━  

これがゴチャゴチャになってしまうと、
情報を探すのに時間や手間がかかる。

例えばブログ。

せっかくブログにチームのコトを
書くんだから、
色んなコトを載せ過ぎて
効果が薄れてしまったら本末転倒。

逆に、載せなくても良いような
単純な内容ばかりだとつまらないよね。

別に否定するわけではないけど、
参加人数、練習したテクニック、
スパー本数なんて、
部内が知っていればいい情報。

こんな楽しいコト、
こんなカッコいいコトをやってるから、
気になった方は一緒に始めませんか??
みたいな記事だったら面白いけど、

ただ単に、
今日の練習はこんなコトやりました。
みなさん、よく頑張っていましたよ。
みたいなのは、なんだか陳腐に
感じてしまう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━  

ちなみにRJJは、練習内容を
会員のみが見れるFacebookページに
書いているので、
再度ブログに書く必要はない。

やっぱりそのアカデミーやサークルが
どういう方向性で活動しているのか、
代表や指導者はどういう考えを持ち、
周りに発信しているのか。

いわゆるアカデミーやサークルの
本質的な部分が見えるから、
引き寄せられる部分が
あるんじゃないかなと。

あくまでも仮説だけど、
土台がしっかりしていないのに、
上っ面だけ化粧しても、
いつかは化けの皮が剥がれちゃうのよ。

土台、骨組み、コンセプト、
ビジョンがしっかりしていれば、
自然と人は集まるし、盛り上がる。

自分のアカデミーに
興味を持ってもらえるし、
ブラジリアン柔術も知ってもらえる。


ターゲットはどんな方??

すでに柔術をやっている、
柔術界の方々ですか?

それとも柔術の魅力に気付いていない、
もしくは存在すら知らない方々ですか?


情報発信のはなしでした。