外部講師によるセミナーを始めた理由


「岡本先生、ディープハーフって

どうやるんですか??」


ある日、RJJの会員から

こんなコトを言われました。


今までは、僕自身が都内、仙台、

宇都宮、滋賀、兵庫などに

セミナーとして出向き、

自身のテクニックを

日本国内の柔術家に向けて

発信していました。


これからも、

もちろんそれは継続しますが、

それと同時にRJJ会員に対しても、

僕以外の『技術』を

学んでもらいたいんです。


今回はたまたま

ディープハーフでしたが、

僕がいざやろうとしても

それは『本物』のディープハーフ

ではないわけで、

それを会員さんに教えるのは、

なんだか気が引けるというか。


なので、

RJJがいつも練習している

上尾に呼ぶコトで、

『本物の技術』に

触れていただこうと思いました。


以上が、

外部講師によるセミナーを

始めることにした理由です。



あくまでもRJJ会員が第一優先なので、

場所は上尾でやります。


ただ、せっかくの機会なので、

上尾でもいいので参加したいと

いう方は、RJJ会員でなくても

OKとしています。


できれば年3〜4回くらいのペースで

やっていければと思います。


7/13(日)の岩崎選手の次は、

10月あたりに日本トップレベルの、

また違う柔術家をお呼びする予定です。


すでにコンタクトを取っていますので、

確定したらまたお知らせいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━  


最終的には、

この外部講師による

セミナーを行うコトで、


RJJ会員に『本物の技術』に

触れてもらうことで、

技術の幅を広げていただきたいです。


今は分からなくても、

いつか必ず分かるときが来ます。


『あぁ、あの時習ったコトは、

こういうコトだったのか。』


そう思ってもらえれば、

セミナーを開催して良かったと、

僕自身思うコトができます。


そして、外部講師による

セミナーを継続するコトで、

日本トップレベルの柔術家を中心に、

少しずつ『柔術熱』が上昇し、

日本の柔術界が元気になっていけば

いいなと思っています。


まあ、これは僕が考える

柔術の『ありたい姿』ですかね。