ブラジリアン柔術の世界大会で勝つにはどうすれば良いか、についてのはなし。

 
世界で勝つには何が必要か。
っていうはなし。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━  
 
僕も世界で入賞したわけではないし、
正直難しいというのが素直な意見。
 
量や質だけでは勝てないのではないか。
そんな思いにさせてくれたという意味でも、
今年の世界柔術は凄かった。
 
世界で勝つにはどうすればいいのだろう。
世界で勝つには何が必要なのだろう。
世界で勝つにはどれだけ
時間を捧げればいいのだろう。
 
日本で技術や練習方法を共有化する。
日本でトップレベルのアカデミーが
協力し合い、練習を重ねる。
 
自分の得意を磨くのか。
自分の苦手を克服するのか。
 
たぶん単にこれをやっているだけでは、
世界との差は開くばかりなのだろう。
 
それでも諦めたくはない。
八木沼さんが女性日本人黒帯の
初の世界王者になった。
 
男性陣にも頑張ってほしい。
 
僕としては世界柔術ムンジアルには
挑戦するつもりはない。
ただ、パンナムやワールドマスターズなど、
マスター2で挑戦したいという
気持ちは芽生えてきている。
 
いずれにせよ、
いま出来ることを何か考え、
それを実行していくだけ。
 
もう少し頑張るかな。
やっぱり国際大会で表彰台や立ちたい。
やっぱり世界チャンピオンになりたいよ。