技の仕掛け方のはなし。


フェイントを入れたり、
連続で仕掛けたりするコトで、
決まりやすくなる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━  

柔術はパワーだけでは勝てない。
パワー、スピード、スタミナ、
メンタル、テクニック、体調管理。

これらを全てとは言わなくても、
ある程度は備えておく必要がある。

どれも大切だけど、
この中で一番重要なのは、
テクニックだと僕は思う。

数はあればあるほど良いが、
どれだけ使えるテクニックを
極めているか。

そのうえで、それらのテクニックを
どう仕掛けるか。

単発では効き目が悪い。
分かっていても極まるくらい、
精度が高ければ申し分ない。
そうでなければ、
なるべく相手の裏をかく必要がある。
なるべく相手が対処できないくらいに
技を仕掛ける必要がある。

僕はコムロックと一番絞りが得意技だ。
それらを上手く極めるためには、
ある程度エサをまいている。

立技、横帯返しをはじめ、
連携として使える他のテクニックを
上手く仕掛けていくのだ。

フェイントを入れたり、
連続技で仕掛けたりするコトで、
技が決まりやすくなるはず。

このエサやフェイントなども、
テクニックの一つ。
どう仕掛けるかで
極まるか極まらないかが変わる。

繰り返し言うが、
テクニックだけでもダメ。

パワーは排気量。
そりゃ排気量が多い方が馬力もある。

スピードはあればあるほど、
相手に対処されにくくなる。

スタミナは、
それらをいかに長く保てるか。

メンタルや体調管理は、本番でいかに
ベストコンディションで臨めるか。

まあ、結局は全部が大事なんだよね。
僕は体調管理とスタミナが課題かな。。