ブラジリアン柔術における、連続技のはなし。


二択、三択と幅広く仕掛けるからこそ、
相手を翻弄するコトができる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━  

ブラジリアン柔術RJJ格闘技
アカデミーは、極めに拘るチーム。

例外を除き、
試合で極めて勝たないと、
帯のラインも増えていかない。

試合で極めるためには、
普段の練習から極める練習が必要。
普段の練習から極めようという、
強い気持ちが必要。

この強い気持ちというのは、
相手を怪我させるくらいに
一気に極め切るのではなく、
あくまでも一本取って極めるという、
強い気持ち。

実現させるためには、
まずは思うコトから始めないと。

極める気持ちがないから、
極めようと思わないから、
普段からフィニッシュホールドまでの
練習を心掛けていないから、
なかなか極まらない。

しょっぱくて、つまらなくて、
カタイ作戦ばかり考えてたら、
極めるのは難しいと思う。

まずは極めようと思うコト。
極めるための練習をすることが大切。

━━━━━━━━━━━━━━━━━  

あともう一つ。

極め技ばかりしか狙わないのは、
逆に極まりづらくなる。

そればかり狙うと、
動きが固まり、動きが偏る。
俗に言うワンパターンというやつだ。

相手にもバレバレ。
はっきり言うけど、これじゃダメ。

スイープやパスガードなど、
どんどんアクションを起こしてみよう。

どんどんアクションを起こしていくと、
相手もその動きに翻弄され、
対処に追われる。

自然と動きが出てくる。
自然と隙が出来てくる。
だから極めるチャンスが生まれてくる。

先日のREYSON GRACIE CUPでは、
横帯返しでスイープを仕掛けるも、
あえてまた下になった。

相手がスイープから戻る際に
上半身がわずかに浮いた、
首がわずかに緩んだ、
その瞬間を狙い、小手絞りを仕掛けた。

二択三択でアクションを起こしたから、
極めることができたのだと思う。

コムロックや一番絞りもそう。
相手を振って翻弄して動かして、
極めるチャンスを作っているのだ。

偉そうなコトを言って申し訳ないけど、
もしかしたら間違ってるかもしれないけど、
僕はこうやって今まで極めてきた。

おかげで黒帯昇格後の勝利試合のうち、
極め率が8割になり、
それが今でも継続している。
(←結局最後は自慢かよw)